香港の基本情報

香港ってどんなとこ?なんか、南のほう、でもシンガポールまではいかないか、、。年中暑いのかな?中国だから通貨は元?って思ってます?香港の基本をここでもかるーく紹介します。

|香港の位置| 香港の気温| 台風、暴風雨警報| 日本との時差| 香港の通貨| 香港のことば|


トップページへ |香港の歴史 |香港乗りもの |香港飲茶・おいしいもの雑記 |香港おもしろ看板・おもしろ日本語 |香港トイレ事情 |香港話の種集 |香港街角風景 |香港主要ホテル |管理人紹介 |リンク集|


香港の位置

香港は中国広東省南部の珠江デルタ河口に位置し、面積約1,100km2、人口約688万。 北緯22度16.903分、東経114度9.493分。ハワイやメキシコとほぼ同緯度になります。 ハワイより随分南のような気がするんですけどね。上海からは南に約1、200km、北京からは、なんと2,000kmも離れています。あらためて中国ってでっかい!

香港は、香港島、九龍半島、新界、そして多数の離れ島で成り立っています。面積は東京の約半分。 中国全体の約1万分の1くらいです。こう書くととても狭いですね。でも狭い分、身動き簡単って感じです。 住んでいて感覚的に地域を分けてます。金融の中心は香港島セントラル(中環)地区、商業の中心は、香港島コーズウェイベイ(銅羅湾)地区と九龍サイドのチムシャーッツイ(尖沙咀)地区、工業の中心は、九龍サイド東部(昔の空港があった周辺)、そして高級住宅地がある香港島南部(サウスサイドって呼んでます)この香港島南部は欧米人が好むところでちょっと雰囲気が違います。雑踏と喧噪の香港とはかけ離れた感じでたまに行くとリフレッシュ出来ます。

香港の気温

気温は、17、8度から32、3度くらい。湿度は70%から90数%くらい。湿度が高く、洗濯物はパリッとは乾きません。保湿効果抜群で書類もしっとり!?香港太太(マダムのこと)のお肌がきれいなのは、この湿度のおかげだと思いますよ。 5月下旬頃から10月初旬頃まで夏で雨も多いです。10月頃から12月頃が秋。11月が気候としては一番いいかな。 12月から旧正月前後が冬。旧暦なので旧正月は年によって違いますが、大体、1月下旬から2月上旬です。 香港の建物の中は一年中冷房が効いてます。冬でも!です。薄手の上着やストールはいつでも持っていた方がいいかも。

台風、暴風雨警報にご注意

台風警報は、1、3、8、9、10の5段階。8号(シグナル8)以上が発令されると、オフィスや交通機関はストップします。 暴風雨警報は、黄色、赤、黒の3段階。黒警報が発令されるとシグナル8同様、オフィス、交通機関はストップです。 強制ストップです。ホテルのロビー、建物の入り口に掲示されるので注意して下さいね。
まごまごしてると、帰れなくなりますよ。

シグナル1の掲示板 写真はシグナル1と雷警告が発令された時の掲示

香港と日本の時差

日本との時差は1時間です。日本時間からマイナス1時間です。日本が8時なら香港は7時。香港が8時なら日本は9時。 日本の9時に香港のオフィスに電話して「もう9時なのになんで誰も来てないんだ!」って思わないで下さいね。香港はまだ朝8時なんです。 香港のお昼休みは大体午後1時からです。ということは日本の午後2時。この時間に香港のオフィスに電話してもダメですよ。みんなお昼ごはんだから。(でもよく掛かってくるんですよね、この時間帯。だから〜お昼なんですよー)

香港の通貨

通貨は、香港ドル。2009年7月8日現在、1香港ドルは、約12.30円。(1万円で約813香港ドル)
お札は、HK$1,000, 500, 100, 50, 20, 10の5種類。コインは、HK$10, 5, 2, 1. セントが¢50, 20, 10の7種類。 コインと10ドル札は、香港政府が発行しています。それ以外は3つの銀行が発行しています。 3つの銀行はもう新しい10ドル札の発行はしていません。紙幣だしそのうち消えていくんでしょうね。もし、きれいな3銀行の10ドル札が手元に巡ってきたら、記念に取っておくのもいいかもしれませんね。

香港上海銀行(HSBC)、スタンダード・チャータード銀行(Standard Chartered Bank)、中国銀行(Bank of China)の3銀行が発行しています。金額によって色は同じでもデザインは全く違います。だから1種類のお札で表裏で2x3銀行=6種類もデザインがあるんです。お札全体だとなんと38種類!不思議ですよね。普通の銀行が発行しちゃうなんて。

両替は、街中の両替店、銀行、ホテルで。レートはそれぞれで違います。銀行では手数料が差し引かれます。HK$100.-くらい。手数料は銀行によって違いますよ。両替店、ホテルは大体、手数料込みのレートになってます。

両替屋さん 街なかでもあちこちに「両替屋さん」があるので便利です。でも、どこでだれが見ているか判りません。 あなたは狙われている!かもしれないのです。
両替後はまわりに充分気をつけてくださいね。
尖沙咀の両替屋さん

香港のことば

香港のことばは、公用語は英語と広東語。最近は、普通話(マンダリンとか北京語って言ってる)も多い。 広東語と北京語って、同じ中国語でしょ、って思っている方も多いと思います。 標準語と大阪弁くらいの違い?って、いえいえ、全然違います。発音も漢字も。 広東語でおはようは、早晨(ツォーサン→かなり日本語的発音)北京語では早上好(ザオシャンハオ→これもかなり日本語的発音)ね、違うでしょう。 漢字は日本の漢字とちょっと違います。同じものもあるんですけどね。漢字を読んで大体の意味が想像出来る事もあります。看板に注目するとおもしろいかも。

<香港おもしろ看板>に出てきますから寄ってってねー。