香港の飲茶や美味しいもの雑記

飲茶だーいすき!で、香港の飲茶を紹介します。でも飲茶だけじゃなくって、おいしいなーって思ったものや日々食べたものもお話します。 好みが偏ってるかも。そこんとこは、寛大なお心でお許しくださーい。

お茶のセット 新聞を読むおじさん 壽眉茶
飲茶は読んで字のごとく、お茶を飲みます、それもたーくさん飲みながらおしゃべりしながら、 新聞を読みながら、、とお好みのスタイルでゆっくり楽しみます。 そして点心(ディムサム)と呼ばれる軽食をいただきます。 飲茶の席に着いたら、まず、お茶を頼みます。脂っこいものが多い時は、ポーレイ茶(普耳茶)を頼む事が多いです。独特のカビ臭いような匂いで最初はびっくりしますが、油っぽいものには合うようです。蒸したものが多い時などは、サウメイ(壽眉)がお勧め。さわやかな香りですっきりした飲み心地です。

トップページへ |香港の歴史 |香港基本情報 |香港乗りもの |香港飲茶・おいしいもの雑記 |香港おもしろ看板・おもしろ日本語 |香港トイレ事情 |香港話の種集 |香港街角風景 |香港主要ホテル |管理人紹介 |リンク集|

下の画像はクリックすると大きくなります。


蒸しエビ

白灼基圍蝦

今回は潮州料理の(ミニ)フルコースを一挙にご紹介します。
まずは"ど定番"の蒸しエビです。広東料理にもありますが、香港の海鮮と言えば、これは外せませんね。 食べ方を説明すると、アツアツのうちに、まず頭を取り、しっぽを残したまま胴体の殻も取ります。しっぽを持ってソースにちょこっとつけて、 しっぽをしぼり出す様にして身を口の中に入れます。言葉だとややこしいですが、一度体験すればすぐに分かりますよ。レモンの薄切りが入ったフィンガーボール が出て来ますので、ちょこちょこ洗いながら食べましょう。四人用でHk$300(約4,500円)。

花咲ガニの冷製

凍花蟹

次は花咲ガニの冷製です。季節によっては上海ガニが有名ですが、花咲ガニは身がたっぷり入っていて、食べやすさではダントツです。 特に一対のはさみの部分がベスト。大切なお客様にははさみの部分を最初に取り分けてあげましょう。 食べ方は、お酢をベースにショウガのみじん切りを散らしたソースにつけていただきます。四人用の小ぶりの一匹ならHK$300(約4,500円)。


鶏ベースのフカヒレスープ

原●鶏燉鮑翅

鶏ベースのフカヒレスープです。"カイタンチー"で通じます。 広東料理ではとろみのついたフカヒレスープが定番ですが、潮州料理ではこのクリアスープ・ベースがお勧めです。 鶏がベースのこってり系と、アッサリ系の原●菜膽鮑翅(野菜ベース)があります。こちらは"チョイタンチー"と呼びます。 どちらも一人前HK$180(約2,700円)。ちょっとお高い?潮州料理のメイン・ディッシュです。フカヒレがビックリする程入っていて、大満足間違い無し!!
●の漢字は"中"の下に"皿"でスープの入っている陶器の事です。

ハタの蒸し物

清蒸海上鮮

今回はハタの一種の"東星斑"。他に"石斑""青斑"とか、全部で7種類あるとか。大きさによりますが、4人用でHK$400からHK$600(約6,000から9,000円)。 忘れてはならないのが、このスープを使ったぶっかけ飯です。ご飯(白飯=パッファン)をもらって、じゃぶじゃぶにかけていただきましょう。香港でもこれは上品な 食べ方ではないそうですが、(香港の人の上品な食べ方見た事ありませんが?!)これはOKです,みんなやってます。


鮑のオイスターソース

菜膽●鮑片

鮑のスライスと芥子菜のオイスターソースです。厚切りの鮑のもちもち感と、ちょっぴり辛い野菜の取り合わせが堪りません。●の漢字は火+文で「火文」です。HK$400(約6,000円)。



白黒ごま団子

甜水晶飽

最後にデザートを二品。これは白ごまと黒ごまのペーストを薄皮で包んだ熱々のデザートです。大きさがバラバラなのが、手作り感満点です。6個でHK$68(約1,000円)






ツバメの巣入り楊枝甘露

官燕楊枝甘露

最近香港で大流行の楊枝甘露にこの店お得意のツバメの巣をのせたもの。一人前HK$68(約1,000円)。





今回はワインを持ち込みしました。ビールも4-5缶頼んで、合計はサービス料込みでHK$2,800(約42,000円)でした。一人当たり1万円ちょっとです。 20年前からこの店に来てますが、一人当たりの値段はあまり変わってませんね。


金島燕窩潮州酒楼(GOLDEN ISLAND BIRD'S NEST CHIU CHAU RESTAURANT = ゴールデン・アイランド)
電話:852-2736 6228
住所:Star House, 2nd Floor, East Half, Salisbury Road, Tsimshatsui, Kowloon, Hong Kong.


怡東軒の自製龜苓膏

怡東軒の自製龜苓膏

なんでしょう?なんだと思われます?




かめゼリーです!!
お肌にいいんですよー、これ。女性は必食でしょう。 香港人の友達は、「お肌にいいんだから食べなっ」と勧めてくれます。
お味?、、、ポーレイ茶を固めたような味、です。付いてくるあっま〜〜いタレをかけないと食べられへん。 でも、お肌にいいんですよ!みなさん。
銅鑼湾のエクセルシオールホテル内、怡東軒(マリーナルーム=怡東軒と同じフロア)の飲茶へ行ってきました。 土、日だけ特別にマリーナルームというかなり広い 宴会場が飲茶専用になっています。きっと土、日は人が多いからでしょうね。 席がかなりあるので前日の予約でも取りやすいと思います。*怡東軒は毎日、飲茶やってます。
2台だけカートが回ってました。目の前はビクトリア湾で 香港セレブのクルーザーが沢山係留されてます。お天気の良い日は気持ちいいだろうなぁ。

デザートも含めDimSumは9品でHK$344 →ここで15%引いてHK$292.40
そしてお茶$26、旦那のCarlsberg2缶$84、を足してHK$402.40。
これに割り引いていないDimSum9品HK$344+お茶$26+Carlsberg2缶$84の計HK$454に10%のサービス料HK$45.40がかかって
結果 402.40+45.40=447.80 でした。思ったよりお安だった。
↑ ややこしくてわかんない!? 早く言えば(早く言え!って)VISAやAMEXのカードを持っていれば割引してくれる場合があるので会計の時に 聞いてみて下さいね。
「なんて聞いたらいいか、わかんない」って方↓
持ってるカードをトランプを広げるみたいにバァ〜ッと見せると、割引のあるカードを選んでくれるから大丈夫。

エクセルシオールホテルの怡東軒MARINA ROOM(YEE TUNG HEEN=イートゥンヒーン、マリーナルーム)
電話:852-2894-8888
住所:The Excelsior, 281 Gloucester Road, Causeway Bay, Hong Kong.


怡東軒のマンゴープリン

怡東軒の芒果凍布甸

マンゴープリンですね。
ミルクがたっぷり入っているのか生地はまろやかです。お好みで添えられているコンデンスミルクをかけて食べます。 どこかで食べた事があるよね、って言いそうなそんなお味です。
エクセルシオールホテルの怡東軒(YEE TUNG HEEN=イートゥンヒーン、マリーナルーム)
電話:852-2894-8888
住所:The Excelsior, 281 Gloucester Road, Causeway Bay, Hong Kong.


怡東軒の柱候鮮牛什

怡東軒の柱候鮮牛什

牛のもつ煮込みです。
この手はどうもビジュアルでやられてしまい、苦手です。 グツグツと煮込まれてます。
お好みで付いてくる辛味噌(ほんとに辛い!)をつけて食べます。 ヤムチャはもっぱら大根とすじ肉を探って探って食べました。大根最高!!
余ったもつは誰が食べんの?→当然旦那よ。
エクセルシオールホテルの怡東軒MARINA ROOM(YEE TUNG HEEN=イートゥンヒーン、マリーナルーム)
電話:852-2894-8888
住所:The Excelsior, 281 Gloucester Road, Causeway Bay, Hong Kong.


怡東軒の豆支汁蒸鳳爪

怡東軒の●汁蒸鳳爪(シーチャッチーンフォンチャオ)

鶏の足の蒸し物(トウチ味)です。
これも以前、リッツカールトンホテル内麗嘉軒の●汁蒸鳳爪を紹介した事がありますが、 旦那いわく、ここのは、「浅い!!」そうです。
ヤムチャは未だに「とりあし」は食した事が無いので真意の程は?です。
●の漢字は豆+支で「豆支」です。
エクセルシオールホテルの怡東軒MARINA ROOM(YEE TUNG HEEN=イートゥンヒーン、マリーナルーム)
電話:852-2894-8888
住所:The Excelsior, 281 Gloucester Road, Causeway Bay, Hong Kong.


怡東軒の蒸腸粉

怡東軒の帯子魚翅灌湯餃

フカヒレ入り大きな餃子のスープです。
以前、アイランドシャングリラホテル内夏宮の灌湯餃を紹介した事がありますが ここのは、中華系のスパイスが香って、、、うーん、なんのスパイスかなぁ〜???
皮が厚いのとスパイスが苦手だったのとで、ヤムチャにとっては「お味は残念!」でした。
エクセルシオールホテルの怡東軒MARINA ROOM(YEE TUNG HEEN=イートゥンヒーン、マリーナルーム)
電話:852-2894-8888
住所:The Excelsior, 281 Gloucester Road, Causeway Bay, Hong Kong.


怡東軒の蒸腸粉

怡東軒の自選餡料蒸腸粉

中の餡を自分で選べるライスロールです。
餡は3種類・・・叉焼(チャーシュウ)、鮮蝦(えび)、帯子(ほたての貝柱)で今回は帯子にしてみました。 付いてくるタレをかけて食べるのですがぁ、ドバッと入ってしまって、、、ジャバジャバになってしまいました。 かける時は気をつけてくださいね。写真ではタレに油が浮いているので油っぽい?と思われるかもしれませんが 意外とあっさりしています。
エクセルシオールホテルの怡東軒MARINA ROOM(YEE TUNG HEEN=イートゥンヒーン、マリーナルーム)
電話:852-2894-8888
住所:The Excelsior, 281 Gloucester Road, Causeway Bay, Hong Kong.


怡東軒の兎形蝦餃(ハーガウ)

怡東軒の蝦肉彩兔餃

うさぎの形をした蒸し餃子です。
形につられて頼みましたが。うさぎ、と言われればまぁ、見えなくもないっかな〜? 中には蝦とチキンのミンチが入ってます。お味はごくごく一般的。
エクセルシオールホテルの怡東軒MARINA ROOM(YEE TUNG HEEN=イートゥンヒーン、マリーナルーム)
電話:852-2894-8888
住所:The Excelsior, 281 Gloucester Road, Causeway Bay, Hong Kong.


文華の楊柳金露

文華の楊柳金露(ヨンラウガムロー)

マンダリンオリエンタルホテル25階。広東料理のお店「文華」の「楊枝甘露」です。
お目当ての楊枝甘露は「えっ、たったこんだけ!?」の感。手前のフルーツは要らないから楊枝甘露3倍にして勝負して欲しかった。 お味は甘め。
これで68ドル(約1,020円)はちょっと不満でした。 他の飲茶もお上品なお味にお上品な盛りつけ。
気に入ったのは、お茶セット。 急須ではなくお茶碗に茶葉が入っているので最初からちゃんとお茶の味がした。急須だとなかなかお茶が出なくて、 いつも料理が来るまでうっすーいお茶を飲んで待ってたから、、、これは満足でした。
改装後の話の種という事で、、まぁ、一回行っとけば充分かなー。 店内はシックな壁や椅子と赤い色調の絨毯とリネン類でオリエンタルな雰囲気です。 サービスはとーっても丁寧。10テーブル程と個室でこじんまりとしてました。
飲茶があるのは土、日、祝日だけですのでご注意。
マンダリンホテルの文華(MAN WAH=マンワー)電話:852-2825-4003
住所:5 Connaught Road, Central, Hong Kong.


フォーシーズンの楊枝甘露

龍景軒の香芒楊枝甘露(ヒョンモンヨンチーカムロー)

香港で数年前からブームになった「楊枝甘露」です。冷たいココナッツミルクにマンゴーとポメロ、タピオカが入っています。 ポメロはグレープフルーツに似た甘酸っぱくてすこし苦みのある果物です。ここのは、底の方がマンゴープリンになっていて 一度に2種類楽しめる!喉ごしも良くポメロの苦みがまた良い塩梅。 器もキレイです。
フォーシーズンズホテルの龍景軒(LUNG KING HEEN=ルンキンヒン)電話:852-3196-8880
住所:8 Finance Street, Central, Hong Kong


萬豪のマンゴープリン

萬豪の芒果布甸(マンゴープディング)

マリオットホテル内、萬豪のマンゴープリンです。マンゴーの果肉がゴロゴロ入っています。 コンデンスミルクが付いてくるのでお好みでミルクを入れて食べても。
金鐘(アドミラルティ)マリオットホテル内の萬豪(Man Ho=マンホー)電話:852-2841-3853
住所:1 Pacific Place, 88 Queensway, Central, Hong Kong


映月楼のマンゴープリン

映月楼の芒果布甸(マンゴープディング)

香港のトラベルガイドには必ず載っている、尖沙咀の映月楼のマンゴープリンです。「えっ?!これって?!、、、」「小石?」Fakeであることが分かっていても、「香港のことだから、たまには本物も混じっているかも....」と、ついそぉっと噛んでしまいました。映月楼は、香港では珍しくなったカートも回ってきます。 これは、野菜のカート。好きな野菜を指差せばその場で茹でてくれます。 こちらは、デザートのカート。
映月楼(SERENADE)電話:852-2722-0932
住所:1/F., Hong Kong Cultural Centre, Restaurant Block, Tsimshatsui, Kowloon, Hong Kong


上海ガニ

大閘蟹(ダイチャーハイ)

季節の最後ですが、上海ガニです。セットメニューにトライしました。
「メス」が美味しい季節は終わって、「オス」のみ提供されていました。
オス一匹カニ肉入りフカヒレスープカニづくし点心セット + デザートで388香港ドルです。 5,800円ほど。メニューはこちら。
ちなみに、上海ガニは街中でも生きたまま売られていますが、逃げ出したり、けんかしたりしないように、縛られて 並べられています。んで、こちらが最高級ブランドの 陽澄湖産。ブランドのタグ付きで、他のとは縛ってある紐まで違ってました。小さめのオス一匹が280香港ドルで、4,300円ほど。 他の産地のものが、4〜6匹100香港ドルですから、10倍以上します。
上海料理の滬江(WU KONG=ウーコン)電話:尖沙咀店 852-2366-7244, 銅鑼湾店 852-2506-1018
尖沙咀店住所:Alpha House Basement, 27-33 Nathan Road, Kowloon, Hong Kong
銅鑼湾店住所:13/F., Food Forum Times Square, 1 Matheson Street, Causeway Bay, Hong Kong


棒棒鶏

棒棒鶏(バンバンジー)

おなじみ四川料理のバンバンジー。名前の由来は、茹でた鶏肉を棒でたたいた事。肉を柔らかくして、味もしみ込みやすくなります。普通は甘辛酸っぱ味ですが、 ここのソースはごまペースト(味はごまそのもののみ)。
上海料理の滬江(WU KONG=ウーコン)電話:尖沙咀店 852-2366-7244, 銅鑼湾店 852-2506-1018
尖沙咀店住所:Alpha House Basement, 27-33 Nathan Road, Kowloon, Hong Kong
銅鑼湾店住所:13/F., Food Forum Times Square, 1 Matheson Street, Causeway Bay, Hong Kong


豆沙鍋餅

豆沙鍋餅(タウサーコーペン)

小豆あんを小麦粉の皮で挟んで焼いたもの。甘くて、油っこくて、超高カロリー。甘い物好きの方にはたっまりませ〜ん。
上海料理の滬江(WU KONG=ウーコン)電話:尖沙咀店 852-2366-7244, 銅鑼湾店 852-2506-1018
尖沙咀店住所:Alpha House Basement, 27-33 Nathan Road, Kowloon, Hong Kong
銅鑼湾店住所:13/F., Food Forum Times Square, 1 Matheson Street, Causeway Bay, Hong Kong


焼餅

度小月焼餅(トゥシゥユッシゥペン)

刻んだ豚肉や野菜が入ったパイです。ごま団子のスイーツに見えるかもしれませんが、、、スイーツではないんです。 中身は豚肉の細切れやお野菜。味付けしたそれをパイ生地でくるみ焼いてあります。 サクサクッとして軽いお味です。
フォーシーズンズホテルの龍景軒(LUNG KING HEEN=ルンキンヒン)電話:852-3196-8880
住所:8 Finance Street, Central, Hong Kong


紅米腸粉

瑤柱葱花紅米腸粉(イゥチューチョンファーホンマイチョンファン)

干しえびと干し貝柱のライスロールです。米の粉をくるくるっと巻いて蒸してあります。紅米の粉を使っているので色がきれいでしょう。
すこし甘さのある醤油味のたれをかけて食べます。これは、米の粉だけの腸粉で干しえびとネギと干し貝柱が添えてありますが、 蝦や叉焼(チャーシュウ)を巻いて蒸してあるものもあります。
フォーシーズンズホテルの龍景軒(LUNG KING HEEN=ルンキンヒン)電話:852-3196-8880
住所:8 Finance Street, Central, Hong Kong


くるみパフ

精緻合桃酥(チンチーハットゥソー)

くるみパフです。見た目かわいいでしょう。くるみの焼き菓子です。
外はさっくりしていて、中には くるみのヌガーが入ってます。 くるみを壊しちゃうのがちょっともったいないかな〜。HK$45.-(約675円)
お料理は洗練されていて上品なお味でした。美味しかったですよ。 スタッフは、さすがフォーシーズンズホテル内!にこやかで丁寧。 景色も綺麗で、とても気持ち良くお食事できました。 予約はしたのですが、お席が空くまでの少しの間、入口前のソファーで待ちました。 待たせっぱなしではなく、中国茶のサービスがあり、お席の状況を2回説明に来てくれました。 待っている間メニューを見てあれこれオーダーに悩み、食事の想像をしていたらすぐに案内されました。
フォーシーズンズホテルの龍景軒(LUNG KING HEEN=ルンキンヒン)電話:852-3196-8880
住所:8 Finance Street, Central, Hong Kong


ビーフ・タコ

メキシコ料理

飲茶からちょっと外れるんですけど最近ハマってるのがメキシコ料理。
会社から結構近くてランチセットがあるので良く利用します。お気に入りは、シーザーサラダ +左の写真のBeef Taco(ビーフのタコ)+コーヒーでHK$78.-(約1,170円)。 セットランチは、前菜はサラダかスープ、メインは、ビーフ、チキンフィッシュから選べます。 お味もピリ辛でおいし〜い!
この2品とコーヒーでも満足出来ますが、スイーツが食べたい!!方にはBanana Taco HK$55.-(約825円)もおすすめ。 味も良し、その上オープンエアーのテラス席もあって、お天気の良い日は気持ちいーい!! オフィスに戻りたくなくなります、、、このままずーっとここにいて、ハッピーアワーはフローズンマルガリータ!
このビルには最近こじゃれたお店が多く入っていて、オープンエアーのテラス席は欧米人御用達のエリアになるかも。
尖沙咀センター内のdon juan(ドン・ジュアン=スペインのカサノバって意味だそうです)★閉店しました 電話:852-2722-7101
住所:Shop G6/UG16 Tshimshatsui Centre, 66 Mody Road, Tsimshatsui East, Kowloon, Hong Kong


担々麺

担々麺(タンタンミン)

ご存知、担々麺です。
見た目、真っ赤だから相当辛い!?と思ったけれど食べてみるとピーナッツペーストが効いていて、思ったほど辛くありませんでした。 すこし油っぽく感じたのは、最後のお料理だったからか、、、上海料理だからか、、?
尖沙咀センター内の小南国(Xiao Nan Guo=シウナムコッ)電話:852-2369-8899
住所:UG2-13 & 45-51, Tshimshatsui Centre, 66 Mody Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
セントラル、銅鑼湾、時代廣場にもあります。
セントラル/電話:852-2259-9393 住所:Level 3, Man Yee Building, 68 Des Voeux Road Central, Hong Kong
銅鑼湾/電話:852-2894-8899 住所:2nd & 3rd Floors, Continental Diamond Plaza, 523-527 Hennessy Road, Causeway Bay, Hong Kong
銅鑼湾時代廣場/電話:852-2874-8899 住所:Shop No.1201, 12/F., Times Square, Causeway Bay, Hong Kong


石焼蒜茸飯

石焼蒜茸飯(セッシウシュンヨンファン)

石焼ガーリックライスです。アツアツの石焼鍋に入ってきます。テーブル上に置かれた石焼鍋に、合わせ調味料をバッと入れて素早くかき回す。 とにかく食欲をそそる、あの匂い!!
お届け出来ないのがうーん、残念。お腹いっぱいだったんだけど、 お隣のテーブルから漂ってきた匂いにつられ思わず注文してしまいました。 旦那は立て続けに3杯食べてた!
尖沙咀センター内の小南国(Xiao Nan Guo=シウナムコッ)電話:852-2369-8899
住所:UG2-13 & 45-51, Tshimshatsui Centre, 66 Mody Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong


外婆紅焼肉

外婆紅焼肉(オイポーホンシゥヨック)

豚バラ肉煮込みです。外婆(オイポウ)とは、母方の祖母の事。だからこの「外婆紅焼肉」は、「おばあちゃんの豚バラ煮込み」って事ですね。
お肉がとーっても柔らかくってお箸で切れちゃいました。 一緒に出て来た薄パンにはさんでも美味しい。 も独特でいい感じ。
尖沙咀センター内の小南国(Xiao Nan Guo=シウナムコッ)電話:852-2369-8899
住所:UG2-13 & 45-51, Tshimshatsui Centre, 66 Mody Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong


ごま団子入りキンモクセイスープ

ごま団子入りキンモクセイスープ

上海料理のスイーツです。
中華のスイーツで、ごま団子と言えば「揚げごま団子」を思い浮かべる方が多いと思いますが、これはスープに入ってます。 それも桂花(キンモクセイ)入りのスープです。キンモクセイの香りがする砂糖水に ごまペースト入りのお団子、 と言えば判りやすいかな。そぼーくなお味です。
尖沙咀センター内の小南国(Xiao Nan Guo=シウナムコッ)電話:852-2369-8899
住所:UG2-13 & 45-51, Tshimshatsui Centre, 66 Mody Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong


南瓜西米露

南瓜西米露(ナムクァーサイマイロー)

中華のスイーツ(酣品)です!
スイーツもぼちぼち紹介していきます。マンゴー味のクリーム(スープみたい)の中にタピオカとかぼちゃが入ってます。 これ、あったかいスイーツですよ。マンゴーの香りとかぼちゃの甘みがあってやさし〜いお味でした。 タピオカは、キャッサバの根茎から作ったでんぷんを球状に加工、乾燥させたもの。 写真で丸い透明のつぶつぶが見えるかな?それがタピオカです。
金鐘(アドミラルティ)マリオットホテル内の萬豪(Man Ho=マンホー)電話:852-2841-3853
住所:1 Pacific Place, 88 Queensway, Central, Hong Kong


辣子鶏

辣子鶏(ラッチーカイ)

上海料理です。漢字の通りからーいです。鶏肉の唐揚げですね。見て下さい、この唐辛子の量!
唐辛子だけじゃなくて、山椒も効いてます。 ピリ辛好きなら「やめられない、止まらない」でしょう。ぶわーっと汗が出て来ますよ。 ビールのあてに最高!、、、らしい。ヤムチャは残念ながらビールがだめ。でもお茶でもうまい!
上海料理の滬江(WU KONG=ウーコン)電話:尖沙咀店 852-2366-7244, 銅鑼湾店 852-2506-1018
尖沙咀店住所:Alpha House Basement, 27-33 Nathan Road, Kowloon, Hong Kong
銅鑼湾店住所:13/F., Food Forum Times Square, 1 Matheson Street, Causeway Bay, Hong Kong
ホームページもあります。


チャーシュー

叉焼(チャーシュー)

美味しそうでしょう、香ばしそうでしょう、、、、おいしかったぁ。(みなさん、すみません) お肉はジューシーで柔らかく、外は香ばしくて。ここのは、しつこいお味ではなくて気に入ってます。 上皮の照りはやっぱり蜂蜜を効かせてあるんでしょうね。チャーシューをつまみ上げるとすこ〜し蜜の糸を引きました。
アイランドシャングリラホテル内の夏宮(Summer Palace=サマーパレス)電話:852-2820-8552
住所:1 Pacific Place, 88 Queensway, Central, Hong Kong


タロイモあげ

八寶●芋盒(パッポーライウーハッ)

一言で言えば、タロイモコロッケです。たろいもをマッシュした中に椎茸、ニラ、豚や鶏のお肉、シーフードを入れて揚げたものです。 コロッケなんだけど、衣はパン粉ではなく薄く髭のように伸びて、サクサクッとしています。このサクサクホロッ!の食感はこのタロイモコロッケに勝るものなし、と思ってます。揚げてあるのでひとつで十分ですが是非味わって欲しい点心のひとつです。
この漢字●(メニューの一番上)は、くさかんむりの下にちから(力)の漢字をみっつ組み合わせたものです。
アイランドシャングリラホテル内の夏宮(Summer Palace=サマーパレス)電話:852-2820-8552
住所:1 Pacific Place, 88 Queensway, Central, Hong Kong


大根餅

大根餅(ローバッコ)

羅葡羹と書きます。簡単に説明すると細かく砕いたり薄くスライスした大根とお米の粉を合わせ、 その中に干しえび、椎茸、チャーシュウ等を入れて蒸して形作り、焼いたものです。 表面は香ばしくカリッとしていて、中がしっとり、です。干しえびの香りがして消化も良くメニューにあれば必ず頼みます。 お店によっては焼かずに蒸したものを出すところもあります。
香港島銅鑼湾(コ−ズウェイベイ)Lee Theatre Plaza(リーシアタープラザ)内の麒麟閣酒家(Unicorn Restaurant=ユニコーンレストラン)電話:852-2730-6565


テイクアウトの麻婆豆腐

テイクアウトの麻婆豆腐(マーポータウフー)

テイクアウトの麻婆豆腐です。ランチ用に頻繁にテイクアウトします。好きなんです、麻婆豆腐。
麻婆豆腐菜っ葉ごはん酸辛スープデザートで31香港ドルです。 465円ほど。安いでしょう。決して小食ではないヤムチャでも完食は出来ない量です。 結構本格的な麻婆豆腐で山椒もしっかり効いてます。デザートは、キンモクセイのゼリー寄せと水ようかんらしきもの(甘くない)です。 *テイクアウトは広東語で外賣(オイマイ)と言います。中で食べるんじゃなくて外用に賣るのでテイクアウト。「外賣」・・なるほどね。


*上湯鮮蝦雲呑 *満福楼看板

上湯鮮蝦雲呑(ションホイシーンハーワンタン)

上湯(シャンタン)スープ仕立てのえび雲呑です。これもポピュラーなメニューですよね。中の蝦がぷりっぷりなのは、当然です。 透き通った上湯スープも美味しくていいんだけれど、、、。雲呑の皮が厚くて重たい気がするのは、ヤムチャだけかなぁ??
ニューワールドルネッサンスホテル内の満福楼(Dynasty=ダイナスティー)電話:852-2734-6600
住所:22 Salisbury Road, Tsimshatsui, Kowloon, Hong Kong.


*豆支汁蒸鳳爪

*豆支汁蒸鳳爪(シーチャッチーンフォンチャオ)

えっ!って思った方、、、はい、そうです。鶏の足ですよ。見た目キツいですよねー。 旦那曰く「いい仕事してて美味しいよー。」茹でて揚げて蒸して、と結構、手が込んでるんですよね、これって。 でもやっぱり口に持ってく勇気がないですぅ。 昔、中華料理を習っていた頃、先生が「良い経験だから市場で生きた鶏を買ってらっしゃい」と。 勇気を出して買いに行きましたよ。ひとつの木枠の箱に鶏が3〜4羽入っていて、それが高く積み上げられていておばちゃんが選んでくれました。 で、整理券みたいな番号札をもらって。おばちゃんが「他の買い物に行って来い」って身振りで指示。 買い物が済んでおばちゃんの所へ戻ると鶏が分解されてました。もちろん、足も頭もあるんですよ。 「足と頭はいらない!」って泣きそうになって言ったら、取ってくれて、まけてくれた、、、。強烈な思い出。でも、なつかしいなー。
*豆と支でひとつの漢字です。日本語には無い漢字なので分解して表記しました。<シー>と読みます。大徳寺納豆みたいな豆の事です。
リッツカールトンホテル内の麗嘉軒(LAI KAR HEEN=ライカーヒン)電話:852-2532-2922★ホテルの閉業で閉店しました
住所:3 Connaught Road, Central, Hong Kong


瑶柱珍珠鶏(イゥチューチュンジューカイ)

中華風ちまきです。もち米の中に味をつけた鶏肉、しいたけ、と卵の黄身をいれてハスの葉でくるみ蒸したものです。 もち米にハスの葉の香りがうっすらと移って独特の味わい。お腹持ちが良いです。
ルネッサンスハーバービューホテル内の満福楼(Dynasty=ダイナスティー)電話:852-2802-8888
住所:1 Harbour Road, Wanchai, Hong Kong


春巻き

春巻(チュンキュン)

春巻きは、この皮のパリパリがたまりません。このパリパリ感は、どうしても家では再現出来ません。 なーんでこんなにパリッと出来るんだろう??なにが違うんだろう、、、謎です。 今回の春巻きは鶏肉入りの春巻きです。お店によって野菜だけの春巻きとか、中身が違ったり、週代わりだったりします。 食器はシンプルな真っ白のオリジナルでした。
リッツカールトンホテル内の麗嘉軒(LAI KAR HEEN=ライカーヒン)電話:852-2532-2922★ホテルの閉業で閉店しました
住所:3 Connaught Road, Central, Hong Kong


ハーガウ

蝦餃(ハーガウ)

皆さん良くご存知だと思うんですけど。日本風に言うと海老蒸し餃子です。お米の粉で作ったすこし粘り気のある透明な皮で、プリップリの蝦をくるんで蒸してあります。普通は乳白色の透けた皮なんだけど、ここのは、皮にほうれん草が練り込んであって緑色をしています。でも、青臭さは全然ありません。 さすがにアイランドシャングリラホテルの中にあるだけあって、スタッフは良く教育されていて、サービスが行き届き、気持ちいい。 食器は"NARUMI"でした。
アイランドシャングリラホテル内の夏宮(Summer Palace=サマーパレス)にて。電話:852-2820-8552
住所:1 Pacific Place, 88 Queensway, Central, Hong Kong


シューマイ

焼売(シューマイ)

説明するまでもないかもしれません。 お肉やエビなどの魚介類の餡を大麦の皮で包んで蒸したものです。 このシューマイは豚肉餡に椎茸が入ってました。 日本では良く真ん中にグリーンピースをちょこんと乗せているけど、 香港では、カニやエビの卵が主流です。 グリーンピースは見た事ないなぁ。
アイランドシャングリラホテル内の夏宮(Summer Palace=サマーパレス)電話:852-2820-8552
住所:1 Pacific Place, 88 Queensway, Central, Hong Kong


シウロンパオ

小籠包(シウロンパオ)

豚ひき肉の餡にスープの煮こごりを入れて蒸したものです。 シューロンパオは、是非とも 「ひとくち」 で味わって欲しい。 中の煮こごりが溶けて餡と一緒になって、アツアツでふがふが言わせながら食べるのが美味しい! だから、皮が破れてスープが流れ出さないように注意しながら食べるのです。 でも、猫舌って方は、上部にお箸ですこーし穴を開けて、フーフーしてから一気に食べてね。
アイランドシャングリラホテル内の夏宮(Summer Palace=サマーパレス)にて。電話:852-2820-8552
住所:1 Pacific Place, 88 Queensway, Central, Hong Kong


クントンカウ

灌湯餃(クントンガウ)

フカヒレ入り大きな餃子のスープです。 灌湯餃にはたいていフカヒレ(魚翅)が入っています。メニューには、「魚翅灌湯餃」と書いてあることが多いです。 皮を破って中の具とスープを一緒に食べます。 皮を破いた中はこうなってます、美味しそうでしょ。
アイランドシャングリラホテル内の夏宮(Summer Palace=サマーパレス)にて。電話:852-2820-8552
住所:1 Pacific Place, 88 Queensway, Central, Hong Kong